RO69JACK 2010

  030 エビタイガー
3度の飯より、ラーメンが好きです。
1 ありがとう

ありがとう

明日になって声にして届けばずっと僅かで
もうこれで最後なら全て今話すから

僕はまだその時を掴もうと何かにこだわり続けて
正しい言葉も定まらない
ただここは暖かくて

あなたは背に好きとなぞる
離さまいとしがみついた
僕の腕はいつからか大人になろうとして
逃げ道を作り出し確かな道を探す

僕らまだその距離を保とうと密かに偽り続けて
優しい言葉も見つからない
ただここは暖かくて

「ありがとう」てあなたの声
変わらないよ何一つと

あなたは背に好きとなぞる
離さまいとしがみついた
僕の腕はいつからか大人になろうとして
逃げ道を作り出し確かな道を探す

今になって見てみれば届くはずも無かった
待ってたんだこの時を
きっとここで言える全て君に

閉じる


ライブ映像

※この動画の公開期限は終了しました。

○活動拠点:関東近郊

○編成:3人
(ベースボーカル1人、ギター1人、ドラム1人)

○プロフィール
2003年6月結成

日本語詞、3ピースバンドのエビタイガーです。
ライブに遊びに来ると元気になりますよ、僕らが(笑)
面白かった、感動した、どちらの感想もいただけます。

○ホームページ
http://ebitaiga.com



エビタイガーからのメッセージ

☆岩井拓也Diary傑作選パート2☆

2008年2月3日「青汁飲め。」

僕はドキュメンタリー番組が大好きです。
 数ある番組の中でも僕にとって最高なのが月曜日深夜25:25からの「ドキュメント・ナウ」です。
 大衆食堂の今や、ラーメン戦争。エコをモットーに生きる人や時にはホームレスの人たちを取り上げています。人情あふれる人々が登場し、絶妙なナレーションが番組と僕を盛り上げます。 
 
 ある日の夕方、ふとテレビをつけると町のパン屋さんを取材してる番組がやっていました。
 こだわりのメロンパンを作り続けて30年、メロンパンを作る工程からメロンパンとの出会いまで、それはもう完璧なドキュメンタリー番組でした。
 僕はその番組に魅了されました。しかし次のナレーションでそれまでの興奮が一気に冷めました。 
 
『しかしそんな○○さんにある日、病魔が襲い掛かかった』 
 
 以前にもひっかかった事を思い出しました。
 誰がどう見てもドキュメンタリー番組だったその番組はなんと青汁の宣伝だったのです。
 僕はそれまでの15分間でおじさんの作るメロンパンに魅せられ、足を運んで買いに行くことまで考えました。しかしこの番組のメインは青汁、メロンパンより青汁なのです。
 その後のおじさんの語調や表情はあきらかに変わり、もはやメロンパンを熱く語るおじさんはそこにはいませんでした。いたのは青汁をひたすらごくごくと飲むおっさんだけでした。
 僕は深い深い憤りを感じました。『テレビで紹介されればメロンパンが有名になりますよ』きっとそう言われてギャラもなしに出演したのでしょう。 
 嗚呼おじさん、あなたのパンは世界一になるはずだった…。